前へ
次へ

訪問しなくても下見できる物件もある

不動産物件を慎重に選びたいなら、やはり下見に行くのが無難です。
間取り図面だけでは、物件の全ての情報を把握できるとは限りませんから、手間をかけて下見をしている方も多いです。
ところで不動産業者によっては、やや特殊なシステムを採用していることがあります。
あまり手間をかけずに下見できる物件も増えつつあります。
例えばある不動産業者の場合は、Webカメラで下見できるシステムを採用しています。
その不動産業者に問い合わせすると、下見当日は担当者がWebカメラを持ったまま案内してくれます。
Webカメラに映っている映像は、下見をする本人のパソコンのモニターにも表示されます。
ですから自宅から外出せずに、パソコンで物件の下見をする事もできます。
わざわざ物件まで訪問する必要はありませんから、とても便利です。
ただしWEBによる下見はデメリットもあって、物件の遮音性などは確認しづらい傾向があります。
しかし遠い場所まで行かなくても下見できるメリットは大きいですし、活用している方も少なくありません。

Page Top