前へ
次へ

住み替えを検討中なら売却手順も知っておこう

もしも住み替えを検討中なら、売却手順も知っておくのが得策です。
不動産の売却は、不動産業者へ査定を依頼するところからスタートします。
また売却方法には、業者へ直接売る買取方式と、購入希望者を募る媒介方式の2つがあります。
買取方式は直ぐに現金を手に入れられるため、時間がない時に便利です。
媒介方式は必ず売れる保証はなく、いつ売れるのかも不透明ですが、販売価格に自分の希望額をある程度上乗せできるのがメリットです。
そのほか媒介方式では、拘束力の低い一般契約や、拘束力が高い専属専任媒介契約など、3種類の中から選んで契約します。
自分で買主を探すことはせず、1社に任せるのなら、販売活動に最も力を入れてくれる専属専任スタイルで契約すると良いでしょう。
すると不動産業者は多彩な方法で購入者を集めてくれ、内見などを経て、購入希望者と条件が合えば売買成立です。
後は不動産業者を軸に売買契約が進められますから、売主は引越しの準備に入ります。
そして約束の期日に買主からお金を受け取り、売主は不動産を引き渡せば完了です。
その後、所有権の移転手続きに移行するのが、売却時の大まかな流れです。

Page Top