前へ
次へ

不動産に投資する意味と特徴について

不動産投資というのは 自分自身の勤務の時間の対価という形で所得を手にするのではなく、建造物自身に収入を上げてもらい、所得を確保していくこととなります。
このことが意味していることは不労所得といえます。
個人がたった一人で就労出来る時間は限界があります。
自分自身が勤務している間に、建造物にも働いてもらって利益を得てもらえればこれほどまでによいことはありません。
不動産投資のプラスの面は建造物が稼いでくれる、それから効果的に売り抜ければ、相当額の金銭を手にすることができるところです。
このことが、異なる投資とは違う非常に大きな魅力といえます。
それに対しデメリットは、経済変動や災害による地価下落によって賃料がダウンするリスクがあることがあげられます。
それに加えて、相場をあまりわからないままに物件購入し、高値買いした場合、実益よりも経費がかかる状態になって、売却が必要な状況に立たされる可能性もあります。

Page Top